中学校勤務を辞め、ニュージーランドで日本語教師アシスタントをしていきます。ニュージーランドであったことを中心に書き込んで行きたいと思います。よかったら、ぜひコメントして下さい


by micky03976
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

宝物

 とうとう明日は女子校へ通う最後の日になりました。そこで、今日お昼の時間に言語の先生がお別れ会を開いてくれました。パン、チーズ、ハム、キッシュ、クッキー、飲み物など、ところ狭しと並べられました。一緒に組んでいる先生とは話す時間はあるけれど、他の言語の先生とは朝挨拶を交わしたり、スタッフルーム(モーニングティーの時にくつろぐ部屋)でちょっとしたお話を交わす程度で、あまりお話をする機会がないのですが、快く言語の先生たちは会を設けてくださいました。私がここに来たての時も、こうして会を開いてくれたっけな~って懐かしく思いました。

 お別れ会と言っても、普段とは変わらないおしゃべりです。あの生徒がこうだとか、休みは何するとか・・・。でもその普段と変わらないのがとても好きです。

 キッシュやクッキーは手作りで、すごくおいしく、満足していると、いつも一緒に授業をしている先生がカードとプレゼントをくれました。そのカードには言語の先生(7人)たちからの温かいメッセージが。すごく胸が熱くなりました。そして、日本語の先生が個人的に、チョコがぎっしり詰められた袋と、ネックレスをくれました。すっごくびっくりしました。これから環境がガラッと変わる自分にとって、その贈り物、特に身につけるものはお守りみたいで、なんか強くなれる気がします。もちろん、離れても、つながっていられる気もします。しかし、感動している間もなく、ラッシュで次の授業が始まりました(^^:)

 カードもネックレスも想い出も、一生大切にしていきたいです。チョコは疲れた時にかじって、エネルギーに変えさせてもらいます!
[PR]
by micky03976 | 2006-09-12 12:06