中学校勤務を辞め、ニュージーランドで日本語教師アシスタントをしていきます。ニュージーランドであったことを中心に書き込んで行きたいと思います。よかったら、ぜひコメントして下さい


by micky03976
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最後の授業

 出国前日まで学校へは行きますが、先週はそれぞれのクラスで授業おさめ。最後の授業をかみしめました。ハグをしてくる子。「行かないで」「今度はいつNZに来るの?」「さみしくなるよ。」と言いつつ手作りカードをくれる子など、本当に切なくなりました。先生の配慮で、クラスによってはみんなのが書いた絵や、メッセージ付きの大きな紙のプレゼント。「カエル作ったのが楽しかった。」「おもしろい先生!いつもクラスが楽しかった」「グリーンティーありがとう。」「おかしいっぱいありがとう!」などなど。一生の宝物です。その中である先生が言ってくれました。

 「今までの日本人の先生の中で1番の先生。ほとんどの先生は難しすぎる説明を子どもたちにしてたり、字を書かせたりしてたけど、あなたの授業は、簡単な言い方で説明してくれたり、おかしをあげたり、お寿司をみんなの前で作って、経験させたり、DVD見せたり、ゲームをしてくれたりと、子どもたちに「日本」を感じさせてくれ、こどものレベルにぴったり。」

 大好きな先生だったし、尊敬してた先生だったので、すごく嬉しく、すごく心に響きました。


 最後の授業はトトロのDVDを見せたり、お寿司を作ったり・・・。みんな大喜び。トトロのDVDは日本の家の造り、生活習慣などを学ぶにはもってこいのDVDです。前行っていた学校の先生に借りておいてよかったです!

 お寿司はわさびも持っていきました。「辛いから気をつけて!」と言っても、結構な量をつけて食べる男の子。「このくらい大丈夫!」といいながらも目には涙が。。。みんなが見ていたので、きっと後にはひけなくなったのでしょう。涙をためながら「大丈夫!すごくおいしい!」と言って頑張って食べてました。。。微笑ましかったです。

 「巻きたい子~?」って言ったら、ほとんどの子が手をあげました。こっちの子は本当に積極的です。2人の子に経験させてあげれたのですが、マットを使い、上手に巻きました。

 きっとこの子たちは私のことを忘れるでしょう。新しい日本人の先生が来たら、すぐその先生になつくでしょう。でも、将来この子たちがお寿司を食べたり、日本に来た時に、「あ、なんか緑のものお寿司につけて食べたよな~」とか、「あ、これどっかで見たことある!」なんて少しでも思い出してくれたら、これ以上の幸せはありません。
 
 明日は前言っていた旅で会ったおじさん、おばさんたちの家に泊まりに北島へ飛びます。
[PR]
by micky03976 | 2007-03-19 04:19

最高の誕生日

 海外で初めての誕生日を迎えました。ほんとに幸せな、そして忘れられない最高の日となりました。
 
・学校に着くと私の棚には先生たちみんなから送られた2冊の本のプレゼント。1つはNZについて書かれた絵本。もう1つはマオリの神話。

 ・私とすれ違う度に、先生、子供達からの「おめでとう!」の声。後から聞くと、先生が教室で今日は私の誕生日のことを話したそうです。ある子は即席で作ったかわいい絵が描かれたバースデイカードをくれました。

 ・教室に行くと各クラスで「バースデイソング」の合唱。あるクラスは私が教室に入った瞬間、全員立ってこっちを見て歌ってくれました。しかも英語とマオリ語で。

 ・家に帰るとコニーやフラットメイト、その友達がパーティーを。肉、サラダ、ベーグル、アイス、そしてギターに合わせてバースデイソング。カード、花束、その他の素敵なプレゼント。コニーは私にあった瞬間、大きなハグ。そして靴下、紙クリップ、クッキーをくれました。

 でもやはり何よりも嬉しかったのが日本の友達からのカード、手紙、メール、プレゼント。こんなに離れていても誕生日を覚えてくれていて胸が熱くなりました。今、みんなからもらったカードは私の部屋に飾ってあります!みんな本当にありがとう。
[PR]
by micky03976 | 2007-03-12 03:39

水泳大会!?

 水泳大会がありました。学校にもプールがあるのですが小さなもの。なので以前私が通っていたジムで大会が開かれました。「大会」というとちゃんとストップウォッチを手にし、正確にタイムを測り、結構緊張したムードありというあの日本の雰囲気を思い浮かべがちですが、ここはNZ。以前も書いた「運動会」のあのなんとなく開かれる体力テストのようなイメージがあったので、今回は私もそれなりに考えることができました。

 バスに乗り15分。ジュニアとシニアクラスに別れ、大会開始へ。私はジュニアクラスのプールに行きました。それなりに緊張している子もいましたが、、、やはり、ストップウオッチは先生の手にはなく、子供の自己責任。1番になった子は勝ち抜く感じで次のレースへ。つまり、それだけその子は疲れていき、負けた子は観客にまわることになるのです。「つまらん」と言っている子も何人かいました。

 でも観客にまわった子たちはおかし、サンドウィッチなど、なんでも食べ放題。本当に自由です。私が写真を撮っていると、「撮って撮って!」と大アピール。「撮らせて!」アピールもすごかったです。カメラを貸すともう最後。「僕も私も!」とえらいことになったので、「電池がなくなった」とウソをついちゃいました。

 シニアクラスも少し除きましたが、こちらはジュニアと比べて本格的。ちゃんとコースがしきられており、しかも50M!!バタフライもあり、さすがスポーツ好きNZっ子は違うな~と思いました。それもそのはず、平日にも休日にもこのジムへ家族で通っている子が多くいました。素敵なことだな~と思いました。

 なんでもきっちりやる日本人に対し、いつもなんとなく事が進んでいくNZ、だからこそ彼らの心は広いかもしれません。心の余裕が家族との交流も深めるのかなとも感じました。
[PR]
by micky03976 | 2007-03-04 04:02