中学校勤務を辞め、ニュージーランドで日本語教師アシスタントをしていきます。ニュージーランドであったことを中心に書き込んで行きたいと思います。よかったら、ぜひコメントして下さい


by micky03976
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

国境を越えた人の温かさ

 悲しい時、みなさんは自分の感情をどうコントロールしますか?

 学校へ行くのを拒んでいる子供に対して、学校の前で子供をハグしている親の姿をよく見ます。人に思い切り抱いてもらうと、不思議と心が落ち着きます。

 先日、最愛のおばあちゃんが亡くなりました。そうした時、こっちの人が思い切り私を抱いてくれました。ずっとずっと抱いていてくれました。

 ホストマザー、前務めていた学校の先生からもたくさん電話をもらいました。「いつでもあなたのことを考えているよ。1人じゃないからね。いつでも電話しなさい。」

 学校へ行くと、カードと花束が私のロッカーに置いてありました。「おばあちゃんと過ごした楽しい日々のことをひたすら思いなさい。いつでもあなたのことを考えているよ。元気になることを願ってるよ。」

 あるおばあちゃん先生は、私のために涙を流してくれました。「悲しい時は泣きなさい。」

 フラットメイトは私をそっとしておいてくれました。

 日本にいる友達からはすごくすごく心に沁みるメールをもらいました。何度も何度も読み返しました。

 家族に電話で思い切りやるせなさを伝えました。でも言葉になりませんでした。でもひたすら聞いてくれました。

 

 1人じゃないって思うだけで、すごく強くなれました。恩は絶対に忘れません。みんなありがとう。
[PR]
by micky03976 | 2006-11-25 05:33

フラットメイト

 先週末、突然フラットメイトが増えました。それはスペイン人の男性。その子は元祖ここのフラットメイトだったらしく、長旅から帰ってきたようです。でも今部屋が満員なので、バンで寝ています。

 この子が来たことですごく家が明るくなりました。もともとスペイン人は陽気と聞きますが、オーナーいわく、この子は代表的なスペイン人。急に踊りだしたり、歌いだしたり、メール打ってる時も適当にキーを押してきて邪魔してきたり・・・・。まるで大きな子供です。なので、こっちも「Shut up!」など、自由に突っ込めます。英語も訛っているので、少ししか理解できませんが、何度も聞きなおしても、いやな顔一つせず教えてくれるので、こっちも聞きやすいし、すごいな~と思います。

 そしておもしろいのが生活スタイル。彼らにとって朝は10時。昼は2時。それから「シエスタ」と呼ばれるお昼ね時間があり、夕方に少しごはんをつまみ、夜10時に夜ごはん。就寝は1時か2時くらいです。と言っても、夜になるに連れてテンションが上がっていくので、朝帰りってことも多々あります。私は朝6時に起きるので、それを伝えたら「クレイジー!」と言われました(^^;)ほんと、いつでも自分中心で世界が回ってる考えをもった子なので、思ったことを気持ちいいくらいはっきり言うので、笑えます。

 今週からもう1人の日本人の子とスペインの子と私で、ジムに通いだしました。スペインでは体育の先生をしていたらしく、トレーニングの仕方をわかりやすく、丁寧に教えてくれます。誰とでも分け隔てなく付き合えるので、シャイと言われる私たち日本人にはない面をたくさんもってて、そういうところも勉強になります。でも、その子も、日本人の子も来月それぞれ国に帰るので、かなり寂しいです。今は3人だけど、来月からは1人。3人でジムに通える「今」を大切にしたいです。

 
[PR]
by micky03976 | 2006-11-09 02:48

ハロウィン

 10月31日はハロウィンでした。アメリカから来たものですが、ここNZでも子供が「私、こういう変装するの」と昼間からはりきっていました。そうです。今日は、子供たちが変装して、おかしをもらいに近所を回るのです。でも、日本には全くそういう習慣はないので、(何か用意しとかなきゃ)と思いつつ、夕方にはすっかり今日はハロウィンってことを忘れていました。

 そして家に帰って部屋でくつろいでいると、「ドンドン!」と玄関のドアをたたく音が。フラットメイトが出ると、「Trick or Treat!」と数人の子供たちが叫ぶ声がしました。あ!そうだ!今日は・・・と思い、もしや生徒ではないかと、玄関に出て行ったら、「○○○!!!」とみんなが声を上げました。しかし、みんな顔にはペインティング、そして変装しているので、(もちろんみんな悪魔のような怖い変装)そう叫ばれても、ピンときませんでした。生徒だとわかると、私もかなり興奮して、みんなと写真を撮って、日本のあめをあげたら喜んでました。私の家を見つけたからか、本当にみんな無邪気にはしゃいでました。明日から遊びにきたりして・・・。

 窓から外を見ると、変装した子供たちがおかしをもらいに近所を歩き回ってました。

 ハロウィンのことは聞いたことがあったけど、実際経験できると、すごく得した気分になりました。と、同時に、この子たちにも少しでも「日本」を感じさせてあげたいな~と改めて思い、また明日からの教材準備に力が入りそうです。

 
[PR]
by micky03976 | 2006-11-02 03:03