中学校勤務を辞め、ニュージーランドで日本語教師アシスタントをしていきます。ニュージーランドであったことを中心に書き込んで行きたいと思います。よかったら、ぜひコメントして下さい


by micky03976
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最後の授業

 出国前日まで学校へは行きますが、先週はそれぞれのクラスで授業おさめ。最後の授業をかみしめました。ハグをしてくる子。「行かないで」「今度はいつNZに来るの?」「さみしくなるよ。」と言いつつ手作りカードをくれる子など、本当に切なくなりました。先生の配慮で、クラスによってはみんなのが書いた絵や、メッセージ付きの大きな紙のプレゼント。「カエル作ったのが楽しかった。」「おもしろい先生!いつもクラスが楽しかった」「グリーンティーありがとう。」「おかしいっぱいありがとう!」などなど。一生の宝物です。その中である先生が言ってくれました。

 「今までの日本人の先生の中で1番の先生。ほとんどの先生は難しすぎる説明を子どもたちにしてたり、字を書かせたりしてたけど、あなたの授業は、簡単な言い方で説明してくれたり、おかしをあげたり、お寿司をみんなの前で作って、経験させたり、DVD見せたり、ゲームをしてくれたりと、子どもたちに「日本」を感じさせてくれ、こどものレベルにぴったり。」

 大好きな先生だったし、尊敬してた先生だったので、すごく嬉しく、すごく心に響きました。


 最後の授業はトトロのDVDを見せたり、お寿司を作ったり・・・。みんな大喜び。トトロのDVDは日本の家の造り、生活習慣などを学ぶにはもってこいのDVDです。前行っていた学校の先生に借りておいてよかったです!

 お寿司はわさびも持っていきました。「辛いから気をつけて!」と言っても、結構な量をつけて食べる男の子。「このくらい大丈夫!」といいながらも目には涙が。。。みんなが見ていたので、きっと後にはひけなくなったのでしょう。涙をためながら「大丈夫!すごくおいしい!」と言って頑張って食べてました。。。微笑ましかったです。

 「巻きたい子~?」って言ったら、ほとんどの子が手をあげました。こっちの子は本当に積極的です。2人の子に経験させてあげれたのですが、マットを使い、上手に巻きました。

 きっとこの子たちは私のことを忘れるでしょう。新しい日本人の先生が来たら、すぐその先生になつくでしょう。でも、将来この子たちがお寿司を食べたり、日本に来た時に、「あ、なんか緑のものお寿司につけて食べたよな~」とか、「あ、これどっかで見たことある!」なんて少しでも思い出してくれたら、これ以上の幸せはありません。
 
 明日は前言っていた旅で会ったおじさん、おばさんたちの家に泊まりに北島へ飛びます。
[PR]
by micky03976 | 2007-03-19 04:19