中学校勤務を辞め、ニュージーランドで日本語教師アシスタントをしていきます。ニュージーランドであったことを中心に書き込んで行きたいと思います。よかったら、ぜひコメントして下さい


by micky03976
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

子供の発想

 学校が再開し、早2週間が過ぎました。授業では、ひなまつりにちなんで折り紙で人形を作ったり、相撲を説明舞した後、紙相撲で対戦したり、日本のおかしをあげたりと、学年に合わせて、あの手この手でいろいろやってきました。子供の反応、発想は本当におもしろく、学ぶことがたくさんあります。

 おひなさまを見せた時、「なんで足がないの?」と質問。
 
 折り紙でおひなさまを作った時は、途中の段階で「ロケット~!!ビュ~ン!」となぜか興奮していました。折り紙で何かを折る時はいつも途中の段階でいろんなものに変わります。本当に子供の発想は豊かです。

 力士の写真を見せた時は「ウォ~!!!」と大歓声!
 「なんであんなに太ってるの?」
 「何を食べればあんなに大きくなれるの?」
 「なんであんな格好してるの?
 「パンツが下がっちゃうことはないの?」

 おにぎりせんべいをあげた時は、「何枚食べれば力士のようになれる?」

 もう本当にどれもかわいい、でも、最もな疑問で、答えに困ることも多々あります。実際、自分も知らない事がありすぎて、なんて答えたのかは、ここでは書き込めません(^^;)

 少し前のことになりますが、東京の人口を言った時は、「そんなに多かったら、みんなカニさん歩きをしてるの?こんなふうに」と言ってカニ歩きをしだしました。これは今までで1番忘れられない、素敵な発想、忘れられない質問です。

 想像したら、ふき出しそうになりましたが、「満員電車の中では、カニさん歩きをしなくちゃいけない時もあるよ」と答えるのがやっとでした。

 自分がお母さんになった時、誰かに聞かれた時、素直な、しかも素敵なそういう質問に、いかにわかりやすく、それでいてその子の意見を認め、生かしながら答えるかは永遠の課題です。 

 日本語だったらもう少しうまく言えることを、英語なのでうまく言えているかいつも不安です。知らないところで傷つけてないか、質問とはずれた、ちんぷんかんぷんなことを言っていないかいつも不安です。

 でも大切なのは伝える気持ち、そう信じてます。

 それにしても、今は失いつつある子供の豊かな発想、疑問、好奇心。いつもハッとさせられます。こういうのをいつまでも大切にしていけたらいいなと思います。これこそ若さを保つ秘訣なのかな~。
 

 
[PR]
by micky03976 | 2007-02-23 19:24