中学校勤務を辞め、ニュージーランドで日本語教師アシスタントをしていきます。ニュージーランドであったことを中心に書き込んで行きたいと思います。よかったら、ぜひコメントして下さい


by micky03976
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

時間は作るもの

 旅行から帰って3日後、日本から友達が1人で来てくれました。その子は以前1年間受けていた日本語教師の資格をとるための講座で出会った3歳下の子です。その子はタイや台湾で日本語教師をしていたこともあり、経験豊富。行動的な性格、人と人とのつながりを大切にすることなど、学ぶことはたくさんあります。たった1年、しかも週3日、講座は夜だったので、話す時間もそんなにない中、その子とはなぜかすぐに仲良しになれました。大人になってから真の友を作るのは難しいですが、その子は正に真の友です。

 私がこちらにいる間、その子はおかしを初め、いろんなものを送ってくれています。海外経験したことがあるので、きっと何がほしいのか、こちらの気持ちを察してくれているのでしょう。

 今回も仕事が忙しい中、休みを調節してくれ、「あんたと、しかもここで会えるのは今だけ。時間は作るもの。」と言って、チケットのキャンセル待ちを本当に直前まで待ってくれたのです。しかも今回こちらにいれるのはたった3日間!!ありがたいの一言です。

 空港でその子を待っている間、他の日本人が到着するのをたくさん見ました。添乗員と何回も何回も「礼」をする姿が滑稽に見えました。こちらは「ハグ」なので、久しぶりに見た「礼」。しかも連発で、日本人だけがしているので、笑えてきました。

 その子が着いた瞬間、私たちは普通にハグをしました。彼女のスーツケースからは8割が私のためのもので埋まっていました。おかし、のり、マヨネーズ、リンス・・・・感謝感激でした。1日目は学校に連れて行ったり、公園の芝生の上で一緒に寝たり、私が作ったグラタンを食べたり、
とのんびり。2日目は市内の見所を周り、おいしいものを食べまくり、夜はこちらの知り合いの人が夜景を見に連れて行ってくれました。3日目は家の近くのビーチを歩いたり、自然がいっぱいの公園を歩いたり、夜はバーに連れて行ってあげました。もちろん、すべての食事は私がごちそうしました。彼女も私も大満足の3日間でした。
 
 悲しいのはお別れの時。朝6時の飛行機で出発だったので、私も一緒に早起きし、空港で見送りました。もう誰かを見送るのは嫌です。でもその1時間後のフライトで私もオークランドのもっと上、NZの先端への旅行へ発ちました。

 こちらで、母や友達と過ごした日々は一生忘れません。

 
[PR]
by micky03976 | 2007-02-09 12:58